仕様解説
利用実績
オプション
製品カタログ

  → ホーム

27万円:専用画像処理ソフト付き(+3万円にてインターバル撮影機能追加→詳細)


Yubaflexは、一般コンパクトデジカメで近赤外の3バンド同時撮影をできるようにした改良カメラです。
付属ソフトで輝度ベースのフォールスカラーと植生指標(NDVI)画像をどなたでも簡単に生成いただけます。



 


近赤外感度:780〜1000nm
分光計測実施者:長崎大学大学院 工学研究科 森山研究室

※本表は実感度強度ではなく「最大値を1とした相対応答」を示しており、付属専用ソフトウェアの処理結果となります。





小型軽量でドローン空撮にも最適  (ドローンへの固定にはカメラ下部ネジ穴を利用できます)
 
  (ドローン側にYubaflexのシャッターを押す機構が無い場合はインターバル撮影機能の追加をお勧めします。)





日本語メニュー、設定フルオート、GPS装備、3000×4000ピクセル、1,210万画素
 
  ドローンで上空150mから撮影した場合  左:写真1枚で撮れる画角(範囲) / 右:拡大図(解像度5.5p相当)
(ちなみに上空30mから撮影した場合:写真1枚で撮れる範囲30×40m / 解像度(1ピクセル)1p相当)









付属ソフトのワンクリックで、
値の補正処理&輝度ベースのフォールスカラーと植生指標(NDVI)画像を生成


32bit 浮動小数と8bit 符号無し整数 Tiffデータに出力(GPS、ISO、F値、シャッタースピード等の撮影時情報付き)





同時に「レンズ歪み補正」と「バッチ処理」も実行可能

レンズから生じる歪みを除去しつつ、撮り溜めた大量写真をワンクリックで一括処理・出力できます









<カメラ分光計測・ソフトアルゴリズム提供・開発協力>
長崎大学大学院 工学研究科 森山研究室

<開発協力>
広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター 生産技術アカデミー


<開発・お問い合わせ>
BIZWORKS株式会社
Phone: 048-477-3211 / FAX: 048-477-3251
e-mail: info@bizworks.co.jp